世界史

第2次大戦後の東西対立の中、中華人民共和国が建国した(巨大国家の誕生である)。そして朝鮮戦争が勃発する。東西対立は、21世紀の現代まで続く現代史の潮流である。

世界史

第2次世界大戦後、多くの戦争・紛争・独立・分断が起きた。思想的にも社会主義・共産主義が大きな力をもち、そして世界は、民族主義の独立のうねりの中で、ソ連とアメリカ ...

世界史

ここでは、日本の敗戦(1945年)を中心に記述した。日本最高指導部は、最後までソ連の仲介を期待していた。●太平洋戦争・日本敗戦(1945年頃)ここでのポイントは ...

世界史

アメリカ独立戦争そしてフランス革命。世界は封建君主の時代から新時代へ移っていく。 フランス革命のニュースが日本に伝わったのは、1794年のことである。オランダ船 ...

世界史

18世紀ヨーロッパは戦争の連続である。勝ったのはイギリスで、全世界に植民地を広げていく。

日本の江戸時代前半は、武家・公家の文化、町人の文化など様々の階層が ...

世界史

ドイツ(神聖ローマ帝国)は宗教戦争と国家戦争の舞台となり国土は荒廃する(30年戦争) イギリス、オランダに続き、フランス、デンマークも東インド会社を設立して東方 ...

世界史

オランダは東南アジア進出でイギリスに勝ち、中国・日本へ向かう。 日本とオランダの出会いと江戸時代を通じての友好関係は、徳川家康によって築かれたと思われる。オラン ...

世界史

日本では戦国時代が終わり、強力な徳川時代が始まる。世界ではポルトガルとスペインが大航海時代をむかえる。だがヨーロッパでは宗教戦争が始まる。 16世紀日本では織田 ...

世界史

12世紀の日本は平治物語・平家物語の世界である。14世紀、イタリアにルネサンス運動が起こる。 ヨーロッパの古い中世宗教世界は、教皇や貴族の没落と共に、新たな時代 ...

世界史

世界の歴史は神の出現からはじまる。人間が神を創造したのか? 世界史を見ると、民族の生活や思想の原点に宗教があることに気づく。ゾロアスター教、バラモン教、ヒンズー ...